2013年8月アーカイブ

夏に多い、カビによる症状 夏型過敏性肺炎

高温多湿を繰り返す夏、悩みの種となるのがカビです。
実は梅雨から夏にかけて、カビによるアレルギー反応が出る人が多くなります。

この症状を、夏型過敏性肺炎と言います。

夏型過敏性肺炎は、カビをたくさん吸いこむことで肺の中でアレルギー反応が生じ、肺炎になる可能性があります。
症状は、咳や痰・発熱など、風邪に似た症状です。

このページの先頭へ