8〜10月はツメダニが多くなる季節

人を刺したり噛んだりすることのあるツメダニ。
実は8月から10月にかけてが一番多くなる時期なんです。

刺したり噛んだりといっても、普段は攻撃性があるわけではないのですが、
多くなるとそれだけ物理的な刺激を与えてしまうので、
それにともなって攻撃されることがあります。

それが痒みになるんですね。

しかも厄介なのは、刺されてもすぐにはわからないということです。
刺されて痒くなるのは数時間から数十時間後くらいなんです。

なので、どこで刺されたのかわかりにくい場合もあります。

そんなやっかいなツメダニですが、ツメダニが餌にしているのは、
室内ダニの90%を占めているチリダニ類。
ツメダニを駆除するなら、まずはこのチリダニ類を駆除して、
繁殖を抑えなければなりません。

ダニ捕りロボを使えばチリダニは駆除できますが、問題は残ったチリダニの糞や、ツメダニの死骸。
これらこそアレルギーの原因となるものなのですが、生きているダニではありませんので、どんなダニ駆除ツールを使っても取り除けるものではありません。
その後の掃除が大切です。

ただし、布団の場合は特別で、掃除機で吸ったり、布団を叩いたりしても、
取り除けるわけではなく、余計に布団の繊維に絡まったり、
細かく砕けて鼻で吸いこみやすい状態になったりしますので、取り扱いに気をつけなければなりません。

一番良い方法は、布団の丸洗いです。

ダニの糞は水溶性ですので、水で洗うことで取り除くことができますし、
ダニの死骸も洗い流すことができます。

布団の扱いをおろそかにしていると、アレルギーを発生させかねませんので注意しましょう。

ダニ駆除対策

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« ダニ捕りロボが届きました♪ | ホーム | 屋外から入ってくる吸血性のダニ、マダニとは? »

このページの先頭へ