梅雨の布団はダニが繁殖しやすい

本日2011年5月26日、四国、中国、近畿地方で梅雨入りが宣言されました。
平年より約12日早いそうで、近畿では統計を取り始めて2番目の早さなんだそうです。

これからじめじめとした嫌な天気が続きますね^^;
布団の対策していますか?

梅雨はダニが繁殖する第一歩となる季節です。
適度な湿気が繁殖しやすい条件を整え、
布団に付着したフケやアカが、ダニのエサになります。

この時期にダニ対策をしていないと、大変ですよ^^;

ダニが本格的に繁殖してくるのは7月〜9月頃。
梅雨の時期に対策をしておかないと、7月〜9月ごろになると急速に繁殖してきます。
そうするとダニアレルゲンも大量に発生することになります。

本当に怖いのは、ダニ自身よりもダニアレルゲンの発生ですからね^^;

冬に使った布団はもちろん、押入れに眠っているお客様用の布団も
たとえ使っていなくてもダニの住みかになっています。

湿気を抑えたり、「ダニ捕りロボ」などでダニを駆除することでダニ自身は駆除できますし、抑制に繋がります。
しかしそれだけではダニアレルゲンまでは除去できません。

ダニアレルゲンは、ダニの糞や死骸、卵からなりますので、
ダニ捕りロボを仕掛ける前に作られたダニアレルゲンに関しては除去できないのです。

しかも、ご存知の通り、布団は叩いたりするとダニアレルゲンが粉砕され、余計に布団に絡み合いますので、叩いてはいけません。
もちろん日光に当てても、ダニ自身は既に死んでいるので意味はありません。

これを解決するには、布団の水洗いが必要です。
自宅やクリーニング店でもなかなかできませんので、夏の大発生を避けるためにもこの時期に一度丸洗い専門店のフレスコにお任せすることをオススメします。

ダニは繁殖したからといっても眼には見えない小ささなので、放っておいても最初はわかりませんが、気づくのはくしゃみやかゆみ、肌荒れ等のアレルギーの症状がでてから。

そうなってしまっては遅いので、お早めに^^;

ダニ駆除対策

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 花粉の飛ぶ季節に布団干しは危険! | ホーム | みんなの家庭の医学 ダニ・カビ徹底対策SP »

このページの先頭へ