屋内ダニと屋外ダニ

ダニにはたくさんの種類があります。
大きく分けて、屋内に生息するダニ、屋外に生息するダニという風に分けられますが、その中にもたくさんの種類があるのです。

では、それぞれの特徴を見てみましょう。

まず、屋外ダニですが、生物に寄生するものが多く、吸血性のものがほとんどです。
猫や犬、鳥、牛などに存在するダニがそれで、血を吸って生きています。
そこから人にも取り付いて、血を吸われることがあります。

また、人専用に寄生するダニに、ニキビダニやヒゼンダニなどがあります。
ニキビダニは名前のとおり、ニキビに関係しており、
ヒゼンダニはかゆみなどをもたらします。

これらのダニは、ダニアレルギーによる被害よりも、
直接血を吸われるなどの被害の方が多いようです。

もし、ニキビがひどくなったり、かゆみが止まらないというようなことがあるなら、それは屋外ダニの影響であることも考えられます。

そして次は屋内ダニ。
チリダニやコナダニ、イエササラダニなどがそれに当たります。
これらは吸血性はなく、人間のフケやアカ、ほこりなどを食べて繁殖します。

一般に、ダニアレルゲンが発生するのはこれらの屋内ダニで、
生きているダニよりも、ダニの糞や死骸、抜けがらなどを人が吸い込むことによって発生します。

アレルギーに悩んでいる多くの方は、ほとんどがダニアレルゲンによるものとも言われています。
なので、屋内ダニの駆除対策というのは重要であることがわかりますね。

ダニ駆除対策

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« ニッケン ダニ捕りロボ はこのダニに有効 | ホーム | 秋から増えるダニアレルゲンの被害 »

このページの先頭へ