ダニアレルゲンの代表格、チリダニとは?

ダニの種類は、屋内で発見されるダニだけでも、屋外から入ってくるものを含めて100種類以上もあります。
一般的な日本の家屋で見つかるのはその中でも20種類ほどですが、
そのうち、約9割はコナダニ亜目チリダニ科のダニです。

そして、チリダニの中にも更に種類があります。

特にヒョウヒダニ属のヤケヒョウヒダニコナヒョウヒダニで、
ほとんどを占めているのがこのヒョウヒダニ属です。

屋内の主要なダニアレルゲンとして挙げられるダニですので、注意が必要です。

チリダニの生態

チリダニは繁殖力が高く、屋内塵(ハウスダスト)の中に潜んでいます。
体長は0.3mmで、肉眼では見えません。

ほぼ1年中見られ、とくに6月~9月が多発する時期です。

繁殖しやすい気温の範囲は10~35℃で、特に20~30℃を好みます。
湿度は55~80%を好みますから、まさに夏場が繁殖期にあたるわけです。

チリダニは、人のフケやアカなどを餌にしています。
それらは部屋中どこにでも落ちているので、室内にはチリダニの餌が豊富にあるわけです。

どんなに部屋をきれいに掃除していたとしても、
人がいる以上、完全にいなくなることはありません。

そして、その中でもタオルや布団類は、人が肌に直接触れるものですので、
特にフケやアカが付きやすく、さらに繁殖しやすい条件が整います。

特に布団は危険で、布団は寝ている間に汗を吸い取っています。
そして、少しずつ染み込んで蓄積していくのですが、
私達はタオルと違って毎日は洗いません。

チリダニの被害で恐ろしいのは、生きているものよりもむしろ
チリダニの死骸や糞、抜けがらなどです。

これらが乾燥して粉末になり、それを大量に吸い込むことでダニアレルギーが発生するのです。
特にアレルギーになりやすいのが、先ほど紹介したヒョウヒダニ属の、死骸や糞、抜けがらです。

個人差がありますが、アトピー性皮膚炎や喘息、結膜炎などの症状が出てきます。
なので、どんなに生きているダニを退治しても、死骸や糞が残っていては、
ダニアレルギーは発症してしまう可能性があります。

つまり、

「洗わない布団は汚い」

ということが分かると思います。

当たり前のことのようですが、意外と当たり前でもないんですね。

ダニ対策の基本は、

繁殖後に対策するのではなく繁殖を予防すること

です。
アレルギーが発生してからでは遅いので、早めに布団のクリーニングをしてしまいましょう。

ダニ駆除対策

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 布団はダニの巣。季節の変わり目の今、すぐに丸洗いを | ホーム | ニキビダニ(顔ダニ)は、成人のほとんどに寄生している »

このページの先頭へ