お風呂のドアパッキンのカビを退治する方法

梅雨前にやっておきたいのがカビ退治。
特に、しつこくて大変なのはお風呂場ですよね。

ドアのパッキンの部分はなかなか取れなくて、諦めている人もいるでしょう。
ドアの部分は結露して、それが落ちてきてパッキンのところ水がたまります。
当然カビやすい部分ですね。

重層やカビ取り用の塩素系漂白剤をしてもあまり変わりません^^;
やりすぎるとパッキンが傷んでしまいます。

でも方法はあるんです。

5月16日の「あさイチ!」で、ドアのパッキンのカビを簡単にとる方法が紹介されていました。

パッキンのカビがとりにくい理由

そもそも何でパッキンのカビは取りにくいのでしょう?
それは、カビの成長の仕方に原因があります。

カビは菌類ですが、植物が根をはるように、菌糸というものを伸ばしていきます。

このように、菌糸が奥まで伸び続けてパッキンに浸食していくので、表面を取ったところでなかなかとれないんです。

パッキンのカビ対策

パッキンのカビは、以下のものがあれば取り除けます。

  • 塩素系漂白剤
  • キッチンペーパー
  • 40℃程度のお湯

<手順>

  1. しっかりと換気をしておく。
  2. パッキンを40℃のお湯で濡らす(温めることでパッキンを柔らかくし、薬剤を奥まで浸透させる)。
  3. 塩素系漂白剤をキッチンペーパーに染み込ませる。
  4. カビを落としたい場所にあて、30分ほどおいておく(薬剤を十分な時間とどめておくため)。
  5. 水で洗い流し、水滴が残らないようにしっかり拭いておく
  6. 右が対策前、左が対策後ですが、このように染み込ませるようにすればキレイに落ちます^^

    ただ、忘れてはいけないポイントは、洗い流したらしっかり拭いておくということ。
    カビは水分と栄養さえあればどんどん伸びるんです。
    忘れないように拭いておきましょう。

    カビの大元、天井を忘れずに

    パッキンのカビが綺麗にとれたところで安心してはいけません。
    最も大切なのは、天井のカビ退治です。

    黒い点がポツポツしているのがカビです。
    これを退治しておかないと、何度掃除しても生えてくるのです。

    天井に付着したカビは、菌糸を出して伸び続けます。
    そこで根付いたカビは、たんぽぽのようにちょっとした衝撃で胞子を飛ばします。
    それがまた床につき、再汚染するのです。

    対策として、以下のものを用意します。

    • マスク
    • ゴーグル
    • アルコール

    マスクとゴーグルをして、アルコールを湿らせた布で天井を掃除します。
    乱暴にすると胞子が飛び散ってしまいますので、ゆっくりと優しく拭くようにしましょう。

    月に1回やるだけでも違います。


    カビ対策は、梅雨前にやっておくと抑制するのに効果的です。
    早めにやっておきましょう。

    その他、押入れ、靴箱、北向きの部屋など、日当たりが悪い場所、湿りがちな場所はカビが生えやすいので要注意です。



ダニ駆除対策

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 食器洗い機はカビとは無縁ではありません。 | ホーム | あなたは知らずに食べているかも?粉ものに潜むダニの怖さ »

このページの先頭へ