フレスコで布団のダニ駆除
◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

ダニアレルギーについて
布団のダニは、叩くと大変!

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

あなたはいつまで布団を叩きますか?布団叩きがアレルギーになる原因とは?


天気の良い日に布団を天日干し。
そして、布団叩きでパタパタと・・・

こういう光景は日常的なものですが、これはかなり大変な行為です^^;
これを続けていると、あなたはダニアレルギーになってしまうかもしれません。

まず、布団を叩くことで落ちるものは、表面のホコリです。
布団の中にいるダニは、布団の裏側に逃げてしまうんですね^^;

そして、ダニアレルギーはダニの死骸や糞を大量に吸い込むことでなってしまうものなのですが、布団を叩くことで細かく粉砕され、吸い込みやすい形になってしまいます。

しかし、叩くことで表面のホコリと一緒に全部落とそうというのは無理があります。
なので、結果的に干している時に落ちるのではなく、自分が使用している時に少しずつ出てきたものを吸い込んでしまうのです。

なので、布団はむしろ叩かない方がよいのです。

表面の汚れだけなら、コロコロで取った方がよいですね^^;

では、掃除機で吸い込むのはどうか?というと、こちらも完ぺきではありません。
一般に、畳にいるダニを吸い込もうと思ったら、同じところを30秒以上は吸い込まなければならないといわれています。
畳でもこんなに時間がかかるのに、布団のダニを吸い込むのはもっと難しいですよね^^;

ではどうしたらよいか?というと、やっぱり丸洗いするに限ります。
ダニの死骸やフンは、水溶性の汚れですし、丸洗いだと細部まで汚れを落としますよ^^




◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

ダニアレルギーについて
同一カテゴリ記事

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇



◆。+。◇。+。◆。+。◇。+。◆

カテゴリー一覧

◇。+。◆。+。◇。+。◆。+。◇

トップページへ戻る
(C)フレスコで布団のダニ駆除